ペット供養の届け出

ペット供養の届け出

ペット供養の届け出 大切なペットが亡くなったとき、家族として供養してやりたいですね。しかしペットの中には、人間と同じようにその死亡を役所に届け出る必要がある種類がいます。
その代表的な動物が犬です。犬は狂犬病予防の観点からそもそも飼う時点で各自治体、役所に登録をしています。そのため、死亡した場合は犬を登録した自治体、役所への報告をしなければなりません。期間はペットの逝去の日から数えて30日以内と決められており、飼い主の住所と氏名、そして犬の死亡年月日と登録番号を死亡届に記入して届け出ます。犬鑑札や血統書といったものも返還義務があるので、ペット供養の際にいっしょに埋葬することはできませんので注意が必要です。
これらの義務は、猫やハムスターといった小動物にはありませんので、ペット供養以外の雑務に悩まされることはありません。また、自治体や役所でもペットの火葬はしてくれますが、立ち会いなどができないため、最後までペットに寄り添うためにはサービスの充実したペット供養がおすすめです。

悲しさを乗り越えるためのペット供養

悲しさを乗り越えるためのペット供養 ペットは単なる愛玩動物等存在からさらに一段階進んで、伴侶動物と呼ばれるような、家族やかけがえのないパートナーのような存在へと変化しつつあります。それだけ飼い主との関係性が強化されると、大事なペットが天国に旅立った時の喪失感も計り知れないものとなりますよね。実際にペットロスと呼ばれる心理状態に陥って、無気力やうつの症状を訴える人も少なくありません。ペットよりも人間の方がはるかに寿命が長いので、必ず大事なペットとの別れはやってくるのだと覚悟しなくていけないのです。
自分の大切な存在を喪失しても、気持ちに区切りをつけて前に進まなくてはいけません。その為に、ペット葬儀やペット供養を行う飼い主が今増えています。亡くなった動物との最後の別れの時間を過ごすことで、辛い気持ちを乗り越えるのです。天国に旅立ったペットと身近に感じられるように、遺骨カプセルや遺灰フィギュア、実に骨壺などを手元に置いて、ペット供養をすることで悲しさを癒す人も多いですね。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 届け」
に関連するツイート
Twitter