最新のペット供養情報まとめ

ペット供養の予算の相場は?

ペット供養の予算の相場は? ペットも家族同様と考える人が増えているため、ペット供養をする人が増えているようです。
かつての山林や庭への土葬であれば、費用は0円であったのですが、お金をかけてでもきちんとペット供養をしてあげたいと思う人がほとんどだからです。
ではペット供養をする場合、予算はどの程度を見込んだらよいのかというと、業者によってもまちまちではあるものの、一般的には供養が必要になるペットのサイズや、亡骸の引き取り方法、ペットの家族の火葬時の立会いの希望の有無、遺骨を持ち帰るのか合同埋葬という方法を採るのかなどの埋葬方法等、様々な条件により同じ業者内でも変わってきます。
中型犬を持ち込みで火葬をお願いし、合同埋葬を依頼するような場合であれば、3万円未満で依頼できる場合が多いようです。
一方で、大型犬を引き取ってもらい、立会いでの火葬を希望、さらに返骨を依頼するようであれば、4万円は最低でもかかると考えたほうがよいようです。

動物のサイズによってペット供養の予算は変わる

動物のサイズによってペット供養の予算は変わる 大切なペットが亡くなった時に行うペット供養。火葬と霊園や墓地への埋葬、納骨ができるなど人間と変わらない供養の方法で愛するペットとのお別れができます。
気になる料金はペットのサイズによっても異なり、火葬の費用は2㎏までから40㎏以上など細かく設定されています。
ハムスターや小鳥などの小動物からセントバーナードなどの超大型犬でも受け入れてもらえますが、サイズが大きくなるにつれ料金も高くなります。
また、火葬は合同火葬、個別火葬、立会火葬など、選んだ方法によっても料金に差が出てきますので、大きさによって予算が変わるということをしっかり覚えておきましょう。
さらには墓地などへの埋葬料にも別途料金が必要になる場合があります。
ペット供養は安く抑えればいいという訳ではありませんが、高いものを選べば安心ということでもありません。
料金についてしっかりと説明してくれる信頼のおける業者に愛情をもって供養してもらえるように情報収集を怠らないようにしましょう。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット サイズ」
に関連するツイート
Twitter