ペット供養で線香を

ペット供養で線香を

ペット供養で線香を 犬や猫などの動物がとても小さい時から飼っていると成長をずっと見守ってきたわけですし、思い入れがとても強くなります。
そう言う人ばかりではありませんが、ペットは大事な家族です。
ただ、人間と比べるとまだまだペット供養できるところは少ないです。
徐々に増えていますから、自分が住んでいる地域で業者を探してみてください。
今ではかなり多くの地域で供養できます。
業者だけではなく、お寺も調べてみると良いでしょう。

火葬してお墓に入れたり、お骨を自宅で保管したりすることになります。
遺影を飾ったりしますが、ペット供養でも線香を使いたいと思いませんか。
通常はかなり長めに作れらていますが、犬や猫などは人間よりも体が小さいですし、こんなに大きくなくても良いと思うかもしれません。
ペット供養のために作られた短めの線香があるのでそちらを使ってみてください。
専用で作られていますし、こちらの方が亡くなったペットも喜んでくれるかもしれません。

近年のペット供養

近年のペット供養 家族の一員であるペットが寿命を迎えた時、昔なら自宅の庭に埋めて墓をたてていましたが、近年の住宅事情ではむずかしくなりました。
そこで人間と同じように火葬し、骨壺や仏壇などを用意できるペット供養の需要が増えています。
人間が埋葬される墓地の一画にペット専用の埋葬スペースがある霊園もあり、飼い主とペットが同じ霊園で眠ることが可能です。
移動式火葬車という車があって、一般的なペット供養業者は霊園にペットを運搬する最中に車の中で火葬をします。
霊園では人間と同じようにお経をあげてからお骨を埋葬するオプションもあるので、葬儀をしてあげたという満足感にひたれるのもペット供養の良い点です。
お骨は骨の一部をアクセサリーにして、いつでも身に付けていたり、ペット専用の小さな動物型仏壇に分骨したりもできます。
葬儀をすることでペットの死を受け入れ、ペットロスになりにくくなるという効果があることもわかってきており、ペット供養は今後も需要が増えていくことが見込まれます。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「供養 線香」
に関連するツイート
Twitter