遺骨の埋葬の仕方

遺骨の埋葬の仕方

遺骨の埋葬の仕方 ペットを火葬した後は遺骨を納骨・埋葬しなければなりません。
それにはさまざまな方法があり、それぞれにメリットやデメリットがありますので十分に検討したうえで、条件や費用にあった方法を選びたいものです。
最も一般的なのは、墓地に埋葬する方法でさらに共同墓地や個別墓地でペット供養する方法があります。
専用施設で保管する方法もあります。また自宅の敷地内に埋めてやる方法もありペットの亡骸については、飼い主の私有地であれば土葬にすることも不可能ではありません。
しかしペットの病気によっては土壌に病原性のウイルスが残ってしまったり、深さが浅いとほかの動物に掘り返されたりすることもありますのであまりお勧めできません。
近年ではこうした伝統的なペット供養のほかに、新しい葬り方も行われるようになってきました。
たとえば海洋葬は海岸線からある程度離れた沖合で撒いてしまうという方法です。
墓石の代わりに樹木や花を植えた場所に埋める樹木葬や、お花畑葬なども関心を集めています。

ペット供養の後、骨は廃棄してはいけません

ペット供養の後、骨は廃棄してはいけません 近年のペットブームでペットの数は増加し続けていますが、それに比例するようにペット供養の数も増加しています。
ペット専用の葬儀社も数多く存在するなどして、供養方法や埋葬方法についての選択肢もどんどん増えていっているのが実状です。
さて、最近多いのがペットの火葬です。
動物の土葬は認められていない自治体が多く、ペットの亡骸の処理には火葬が一般的になっているのです。
火葬後は多くの方は専用のお墓に納めたり、あるいは自宅で保管することになります。
しかし、中には自然に還すことを目的として廃棄と同じような行為に及ぶ人も少なくありません。
少なくとも、ペットの骨を廃棄することはほとんどの自治体で条例違反となり、もしも発覚した場合には罰せられることになります。
火葬したあとはしっかり保管するか納骨することが必要であり、これが一番のペット供養となるのです。
それでも保管できないような場合には、葬儀社や自治体などに相談することが得策です。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「骨 埋葬」
に関連するツイート
Twitter