最新のペット供養情報まとめ

昨今様変わりしているペット供養

昨今様変わりしているペット供養 昨今ペットは家族と同じ扱いになり、供養の仕方も人と同じようになってきています。人が無くなった場合、埋葬法や火葬法など様々な決まりがありますが、ペットには決まりがなく、昔においては庭に埋めたこともありました。
近年ではペット供養はとても大切な位置づけとなっており、専門に扱っている業者も数多くあります。
ペット供養には、保健所などで行う合同火葬、民間の業者に併設する火葬場で行う個別火葬、様々な事情から火葬場にこれない人向けの移動火葬車があります。また、供養の仕方においても合同で埋葬する方法や個別、お骨をいただいてのちに家族のお墓へ一緒に埋葬する方法などがあります。多種多様になってきており、どのような方法にするのかしっかりと吟味することが大切になってきています。
移動火葬車では、大型ペットの場合や、ペットを移動させたくない、自分自身が病気であったりけがをしていたりしているといった時に選ばれます。自宅に訪問するためゆっくりと見おくることができるのがメリットとなっています。

人間の葬儀同様のペット供養

人間の葬儀同様のペット供養 ペットを飼っている家庭が増えていて、家族の一員として日頃から接している方が多くみられます。ペットも人間と同じように、お別れをしなければならないものですが、最近ではペット供養を行っているところが増えてきていますので、知っておかれるのがいいでしょう。ところによっては、人間の葬儀と同じようにペット供養をお願いできたりしますので、お別れから供養までをお願いされてはいかがでしょう。
たとえば、火葬を行う前にお葬式をして、遺骨を収集することに加えて、お通夜や初七日法要も行っているところがあります。お葬式では、僧侶がお経を読み上げて供養をしてくれますので、人間と同じような葬儀内容でペット供養ができるでしょうから、依頼される方が増えているといいます。
大切な家族の一員になりますペットのためにも、お願いされてはいかがでしょう。ペット供養を実際に行っているところには、斎場や寺院などがありますから、問い合わせられるのがいいでしょう。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 人間」
に関連するツイート
Twitter