最新のペット供養情報まとめ

飼い主にとってのペット供養をすることの意味

飼い主にとってペット供養の意味 犬や猫などのペットを飼育している人にとって、ペットは人間と全く同じ存在であり、飼い主によっては人間よりも大切な存在である場合もあり、中にはペットロスという精神症状をきたしてしまう場合も多々あります。
そんな飼い主にとってペット供養とはペットとの最後のお別れの場で、ペット供養は人間の葬儀と全く同じ意味かそれ以上の意味を持ちます。
ペット葬儀の内容は宗教法人や葬儀社によって様々ですが、手厚い宗教法人や葬儀社だと人間と全く同じ供養をしてもらえる場合もあり、希望すれば塔婆供養や四十九日法要をしてもらう事も可能です。このようにペット供養を提供している宗教法人や葬儀社では飼い主がペットと別れる意味を考えたサービスを提供しています。
ペットの場合急に亡くなる場合も珍しくなく、現金を準備する余裕がない場合もありますが、ペット供養を提供している葬儀社や宗教法人ではクレジットカードやローンによる支払いに対応している場合もあります。

気持ちに区切りをつけるためのペット供養

気持ちに区切りをつけるためのペット供養 近年ではペットを家族の一員ととらえ、亡くなった時には葬儀を行う人が増えています。葬儀の流れは人間の葬儀の形式を踏襲しており、火葬を行ってからお墓に納骨し、供養を行います。
一昔前まではペット供養に対して何もそこまでする必要があるのかという疑問の声もありましたが、現在では理解が進んだといえます。それは、ペット供養が亡くなったペットのためであるのはもちろん、それと同等かそれ以上にペットの飼い主のためであるからでしょう。
大切なペットが亡くなった時、飼い主の中には、葬儀を行うことでペットがいなくなってしまった現実を突きつけられるのが怖いと思う人もいるかもしれません。
しかし、長い目で見ると、きちんと供養を行った方が亡くなった現実を受け入れられ気持ちの生理がつき、次のステップに進めると言えます。供養とは総じて、亡くなった人のためというより、遺された人のためにあるものと言え、これは対象がペットであっても全く同じだと言えます。

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 飼い主」
に関連するツイート
Twitter