最新のペット供養情報まとめ

多くの場合、ペット供養は仏式で行われます。この理由は、仏教思想では人も動物もお互いに輪廻転生するという考えがあるからです。
最近はキリスト教の教会でもペットのための葬儀を執り行ってもらえる場合があります。仏教の「供養」のように、ペットに対してキリスト教式の祈りをしてもらえます。
キリスト教徒の家庭であれば、ペットが亡くなった場合に仏教式ではなくキリスト教式で葬儀を執り行ってもらい、牧師にペットのために祈りや説教や祝福をしてもらうことができます。

ペット供養をしてくれる教会もある

ペット供養をしてくれる教会もある 日本ではペットが亡くなった場合に仏式のペット葬が執り行われる場合があります。ペット葬では僧侶がお経をあげ、火葬後に遺骨をペット霊園に埋葬して供養してもらいます。仏式でペット供養を行う理由は、仏教の教理と関係があります。仏教では人間も動物も死後に輪廻転生するという考えがあるため、動物も供養する必要があるからです。
仏教に対してキリスト教的な思想では人間と動物の間には大きな壁が存在し、動物のために祈りをすることはありません。それでもキリスト教の家庭であれば、ペットが亡くなった際に仏式でペット供養を行うことに対して抵抗を感じるかもしれません。
最近はキリスト教会でもペット葬が執り行われ、ペットのために祈祷をしてもらえる所があります。牧師によって執り行われるペット葬のセレモニーでは、祈祷や祝福などが行われます。希望すれば仏式の供養のように、キリスト教会でもペットのために祈祷をしてもらえます。

ペット供養をしてくれるかは要確認

ペット供養をしてくれるかは要確認 大切なペットが亡くなった後、ペット専用の御墓に埋葬した後、ペット供養をしっかりとしてくれているかどうはか、確認が必要です。
あまり考えたくないことですが、なかには供養代だけもらってそのままという場所もありますので、出来れば供養をするタイミングでお墓参りなどに出向くと、しっかりと供養をしてくれているのを確認できます。
個別の御墓をお持ちの際はペット供養をしてくれる時に家族などと一緒にお墓参りして冥福を祈ってあげるのが良いでしょう。共同墓地に埋葬された場合は、供養もほかの仔たちと一緒に行われます。毎年ある程度の金額を支払えば、支払っている間は読経の最中に名前を呼んでくれるというシステムの所もあります。
また、毎年新しく、ペットの名前の書かれた卒塔婆を作ってくれるところもあるので、供養の当日でなくても、お墓参りに入った際、ご自分のペットの名前が書かれた新しい卒塔婆が立っていれば、きちんとペット供養をしてくれているという証明になりますので、安心です。
ペットといえども家族同然に暮らしてきたわけですから、亡くなっても気持ち良い場所へ行けるようにしっかりと供養をしてくれる場所を選んであげたいものです。そのためには、お世話になる前にしっかりと下調べをしておくと安心です。

まずはペット葬儀の見積もりを依頼しましょう

24時間365日、いつでも迅速に相談に乗ってくれます。

ペット供養 東京

新着情報

◎2018/8/6

遺骨の埋葬の仕方
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

ペット供養で線香を
の情報を更新しました。

◎2018/4/5

ペット供養の届け出
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

ペット供養を自宅で済ませるには?
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

ペット供養の予算相場
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「ペット 供養」
に関連するツイート
Twitter